​対象となる設備や条件について

以下の条件に当てはまる方は、還付によるメリットが期待できます。

上記に当てはまらない方も、まずは、一度御相談ください。

すでに設備が完成し、売電している場合でも、還付を受ける方法があります。
また、太陽光と賃貸マンションを組み合わせると、本来還付を受けることの出来ない賃貸マンションの消費税の還付も受けることが可能な場合があります。

一般的な消費税還付の流れ

2.「消費税課税事業者選択届出書」を税務署に提出します。

3.翌年、所得税及び消費税の還付申告を行います。

4.その後2年間(場合によっては3年間)、消費税の申告を行います。

5.②の手続きの2年後、「消費税課税事業者選択不適用届出書」を提出します。(場合によっては、「簡易課税選択届出書」を提出)

1.設備完成と売電開始の時期、設備投資金額、売電収入金額、太陽光発電以外の事業の有無、消費税課税事業者選択届出の有無を勘案し、誰の名義で売電事業を行えば、消費税が返ってくるかを検討します。(ご本人か、親族か、法人を設立すべきか?)

金額は問わず、これから太陽光発電の設備投資をしようとしている方。

すでに2000万円以上の太陽光発電設備投資をし、売電している方で、消費税の還付を失念した方。(本来は事前の届け出が必要です)

太陽光発電投資と賃貸マンションやアパート投資を同時にしようとしている方。

太陽光発電投資はすでに実施したが、賃貸マンションやアパートの投資を、今後実施しようとしている方。

Copyright © HONGO TSUJI TAX & CONSULTING All rights reserved.

​お問い合わせフォーム

お問い合わせ電話

0120 730 706

辻・本郷 税理士法人

160-0022 東京都新宿区新宿4-1-6

JR新宿ミライナタワー28F